So-net無料ブログ作成

参院選、負ければ辞任=自民・谷垣氏(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は13日午前、参院選について「政治生命を懸けると言えば、総裁としての資格がなくなったということだ」と述べ、敗北すれば総裁を辞任する考えを明言した。ただ、具体的な勝敗ラインについては「全く考えてない。野党は与党を追い込んでいくのが仕事だ」と述べるにとどめた。都内で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
谷垣総裁に集中砲火=参院選「40議席台」発言
参院選ポスター発表=自民

最もイメージの良いアスリート、トップはあの野球選手(Business Media 誠)
<囲碁>山下が攻める展開 本因坊第3局(毎日新聞)
<業務上横領>コンビニ店長、売上金持ち逃げ 埼玉(毎日新聞)
普天間移設 「沖縄の理解なくても選定」岡田外相(毎日新聞)
青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)

高齢認知症の小施設、7割スプリンクラーなし(読売新聞)

 総務省消防庁は7日、認知症の高齢者らが入所する全国の小規模社会福祉施設の約7割で、スプリンクラーが設置されていないとする調査結果を発表した。

 調査は、札幌市の認知症グループホームで3月に7人が死亡した火災を受け、2009年に消防法施行令の改正でスプリンクラーの設置が義務付けられた9105施設を対象に行われた。

 未設置だったのは6555施設で72%に上った。設置は11年度末まで猶予されているが、未設置施設の44%が「設置時期は未定」と回答。設置が進まない背景について、同庁は「国の補助はあるが自己負担も必要なためでは」とみている。

 国土交通省も同日、建築基準法の適合状況について全国の認知症高齢者グループホームを対象にした調査結果を発表。それによると、4月20日までに点検した5951施設のうち889施設で防火・避難関係の法違反があり、「非常時につく照明がない」など非常用照明装置に関する違反が427件と最多だった。

<普天間移設>日米合意「重要な一歩」ルース大使(毎日新聞)
<国道2号騒音訴訟>原告被告とも控訴 広島高裁に(毎日新聞)
与党、31日午後に衆院通過の構え=郵政法案、攻防ヤマ場に(時事通信)
作曲家の牧野昭一氏が死去(時事通信)
民主・小林千代美氏陣営の選挙違反、控訴審も有罪(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。