So-net無料ブログ作成
検索選択

次期改定に向けた検討など今年度の活動計画を承認−看保連(医療介護CBニュース)

 日本看護学会など48の看護系学会・団体で構成する看護系学会等社会保険連合(看保連、井部俊子代表)は4月23日の総会で、2012年度の診療報酬介護報酬改定に向けた検討など5項目から成る今年度の活動計画案を承認した。井部代表は冒頭のあいさつで、12年度の同時改定に向けて「看護の適正な評価をしてもらうために、今年度、来年度は活動しなければならない」と述べ、「積極的にエビデンスをつくり、働き掛けをしていきたい」と強調した。

 承認された活動計画は、12年度の改定に向けた検討のほか、▽重点事項への研究助成▽内保連・外保連との連携強化▽効果的で迅速な情報提供-など。

 また看保連の役員会が、同時改定に向けて来年6月、「診療報酬改定への要望書」「医療技術評価提案書」「介護報酬改定への要望書」を厚生労働省に提出することを提案し、了承された。
 提案では、同時改定に向けた「具体的な活動」として、改定への要望項目について、加盟学会・団体の意向調査を実施することや、調査結果を役員会・委員会で検討することで、効率的な組織づくりをすることなどを挙げている。


【関連記事】
看護管理学会が都内で緊急フォーラム
「根拠に基づく診療報酬体系を」―三保連シンポ
看護師による在宅療養指導への評価を―看保連が要望書
提案技術の収集作業を本格化へ―次回改定にらみ看保連
介護報酬改定で要望書―看保連

<温室ガス>削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算(毎日新聞)
<毎日花月>吉本の芸人が漫才、新喜劇 450人が楽しむ(毎日新聞)
防衛相が普天間問題の5月末決着を疑問視(産経新聞)
首相、徳田元議員と面会へ…徳之島案協力求め?(読売新聞)
指導力不足教員12人 都教育委員会発表(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。